顔のかゆみの原因ベスト3 « 皮膚のかゆみメカニズム徹底解剖

顔のかゆみの原因ベスト3


顔は衣類などで隠れておらず、常に外気や色々なものに触れる機会がある部位の一つです。

そのため、手足などと同様に、かぶれなどによるかゆみの出やすい部位と言えます。

しかしながら、顔は人目に付く場所ということもあり、他の部位がかゆい以上につらいものがあります。

顔にかゆみを感じる原因としては、大きく分けて

「1、乾燥」
「2、あせも、かぶれなどの外的接触」
「3、アトピーなどの内因性のもの」
の3つがあります。

まず、これは顔に限定されませんが、乾燥肌の人は全般に、顔にかゆみを感じやすくなります。

乾燥肌を自覚している人は、化粧水、乳液など気を使い、念入りに肌のケアをしていることも多いと思います。

しかし、肌がかゆいということは、肌が敏感になっていることが多いため、場合によっては下手に化粧水など付けず、できるだけシンプルにした方がいいということもあるのです。

また、化粧品・薬が合わなかったなどによる「接触性皮膚炎」、いわゆる外的刺激による炎症「かぶれ」の場合もあります。

花粉症で顔がかゆくなるというケースもありますし、珍しい例ではマンゴーを食べることによりアレルギー反応で口の周りなどがかゆくなることや、「顔ダニ」の過剰増殖が原因の場合もあります。

かぶれから来る顔のかゆみの場合、意外と見落としがちな原因としては「不潔」があります。

さすがに女性で「ほとんど顔を洗わない」という方は少ないとは思いますが、「なぜか原因不明だけれども頻繁に肌荒れを起こす」という方の中には、化粧に使うブラシやパフををずっと洗っていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もう一度見直してみましょう。

あなたの使っている化粧ブラシやパフは、清潔でしょうか?

そして原因として考えられる3つ目は、内因性のもの、つまり、内臓の病気や感染症、またはストレスによるものです。

内臓の病気や感染症が原因の場合は、その疾患を治療することが最優先となります。

しかし、皮膚科での治療でも良くならないし、他に原因となるような疾患も特に見当たらない…。

こういった場合には、ストレスが原因ということも考えられます。

ストレスが原因の場合は、皮膚科では治療不可能ですので、心療内科などの受診も検討したほうがいいでしょう。

この原因で顔がかゆくなる人には、自分なりのストレス解消方を持っておらず、悩みを1人で抱え込むタイプが多いようです。

以上をまとめると、次のような図式となります。

1、乾燥が原因の場合:乾燥によって肌が敏感になることによってかゆみを感じる。

2、外的刺激が原因の場合:いわゆる「かぶれ」が原因の場合。化粧品や薬、アクセサリーの他、花粉症などのアレルギーや顔ダニ、不潔などが原因となることもある。

3、内因性のものが原因の場合:内臓疾患、感染症、ストレスなどが原因となる。原因となる疾患やストレスの解消が大切。

かゆみは、どこがかゆくても大変つらいものです。場合によっては「痛み」よりもつらいこともあるでしょう。

特に女性にとっては、外から目立つ「顔」のかゆみのつらさは耐え難いものです。

早い段階で原因を突き止め、適切な処置をして、つらいかゆみとさようならしましょう。